歯並びや噛み合わせは、何を以って良い・悪いを判断されるのでしょうか?
 
見た目でしょうか?
 
確かにそれも一つのポイントです。
当院では見た目の他に、清掃性と力の分散を重要視しております。

清掃性

皆様がお部屋で掃除機をかけるとき、散らかった部屋と片付いた部屋のどちらが簡単でしょうか?
 
当然片付いた部屋の方が掃除機のかけ残しが少ないですよね。
お口の中の掃除も同じです。
歯が重なった所や段差のある所は磨き残しが多くなります。
歯垢の取り残しはむし歯や歯周病の原因となります。
歯並びを良くすることで歯の寿命を長くすることにもつながります。

力の分散

・歯がしみる
・詰め物や被せ物が何度もはずれる
・歯がぐらぐらする
・歯に鈍い痛みがある
 
これらは力の分散が不十分な噛み合わせの方に起こりやすい症状です。
力の分散が不十分だと歯が割れてしまう場合もあり、割れ方によってはその歯を残せない場合もあります。

矯正治療装置

●成人

  1. マルチブラケット法
    (メタル)

  2. マルチブラケット法
    (プラスチック)

  3. 舌側矯正

  4. マウスピース矯正

●子ども

  1. 拡大床

  2. リンガルアーチ

  3. バイオネーター

  4. タングクリブ

  5. ヘッドギア

  6. プロトラクター

咬合治療

  1. スプリント
    (適切な噛み合わせの
    位置を診断します)

  2. 詰め物、被せ物による治療

  3. フルマウス
    リコンストラクション

Treatment Menu