予歯周病というと皆様はどのようなイメージをお持ちでしょうか?

歯肉から血が出る、歯がぐらぐらする、口臭がある・・・・。
これでは食事も会話も楽しめませんよね。

なぜそうなってしまうのでしょうか?

主な原因はお口の中の細菌です。
適切なブラッシングを行ったり細菌の温床となる歯石をとることは勿論のこと、細菌が停滞しにくい環境を整えることが重要です。

また、噛み合わせによっては歯の負担が強くなり骨が減っていく場合もありますので、その場合には歯の負担を少なくすることも非常に重要なことなのです。

診療の流れ

  1. 適切なブラッシングを行う
  2. 歯石をとる
  3. 細菌が停滞しにくい
    環境を整える

    (詰め物・被せ物のやり替え、
    歯肉・骨の形態修正、歯列矯正)

  4. 歯の負担を少なくする

    (詰め物・被せ物のやり替え、
    歯列矯正、マウスピースの使用)

  5. メインテナンス

    (ご自身で取りきれない汚れを
    専門の器具を使ってとる)

歯周病は糖尿病や心臓の病気を増悪させる病であり、妊娠中においては早産を引き起こす原因にもなるといわれております。
歯周治療で最も重要なことは、患者様ご自身による適切なブラッシングです。
患者様のご協力無くして歯周病治療はありえません。
治療には患者様と私共とで一緒に病気に立ち向かうことが重要です。

歯周治療メニュー

  1. スケーリング
  2. ルートプレーニング
  3. 歯周外科治療
  4. 再生療法
  5. 細菌検査
  6. バクテリアセラピー

Treatment Menu